ママを楽しむ 子どもと笑う やさしく おいしい あたたかい 毎日を

💊アレルギー アトピー性皮膚炎について体感していること

 

大学受験と中学受験のダブル受験を終えた2人のママです。

昨日の初ブログは、時間がかかりました。
何度も手直し入れて、エラーになり、フォントも変になり…
かなり悩みましたが、

先輩ブロガーさんが、
《とにかく始めよう、書こう、60点くらいの出来でも十分なので思い切って公開しよう!》という言葉に

背中を押され、公開してみました。
直したいところもある時には、
付け加えて修正して→更新が出来ることを知りました。

今日は長年悩んでいるアレルギー、
特にアトピー性皮膚炎のことについてです。

読み進めていただけると嬉しいです。

私のアレルギー体験より

そもそも アトピー性皮膚炎ってどうして起こるのか❓

皮膚のバリア機能の低下

皮膚が乾燥をして、ダメージを受けるので、
アレルギーを起こす物質が肌に入り込みやすくなり、
炎症やかゆみを起こす。

バリア機能を高めるためにすることはいくつかあり、
実践したので後ほど書き記します。

 

免疫力の低下

疲れや寝不足による体調不良の時にも、
免疫が下がりアレルギーを起こしやすくなります。

免疫力をつけるために、
きちんとした生活を送り、
暴飲暴食を控え、
単調管理が大切だと言われます。

私のかかりつけの医師は、太るとアトピーが悪化するから、
体重管理もしてくださいと言われました。(でも太ってしまいました…)

 

遺伝的な要素あり

これは良く言われます。
親がアレルギー体質だとかなりの確率で
子供にもアレルギー症状が出るようです。

小さい頃に出て、成長とともに治る場合もあり、
逆に大人になってから、アトピー発症したりと様々です。
幼い頃に完治出来るアトピーもありますが、
多くの場合は良くなったり悪くなったりを
繰り返しながら過ごすのです。
これはとても気持ちが滅入ります。

 

セラミド不足 

 

セラミド不足…
要するに肌がいつも乾燥している状態です。

子供の頃は手首、足首、首、腕の曲げるところ、
膝の裏がとてもかゆくて、血が出るまでかきむしり、
結果、とびひのようになっしまい。
掻きむしってしまった血だらけの肌と爪を見ると泣きたくなりました。

セラミドを補うには保湿しかありません。
保湿も一年中心がけていますが、良くなったり悪くなったり。

今ママにになってからは、首から下がひどいです。

 

 

アトピー性皮膚炎を悪化させるも

⭐ 食べ物  ⭐️ ダニやハウスダスト
⭐️ 花粉   ⭐️ 化粧品   ⭐️ 石鹸や洗剤  ⭐️
ジャンクフード
⭐️ 化粧品やシャンプー    ⭐️ 汗
⭐️ 乾燥   ⭐️ ストレス  ⭐️ 緊張   ⭐️ 化学物質
⭐️ 甘いもの…お菓子

 

💊アトピー性皮膚炎とぜんそくの関連性💊

アレルギーは併発するのか?

私が幼い頃は、
今のようにアレルギーという言葉や
情報も薬もここまで色々なかったように思います。

気管支喘息でしたので
(幸い、中学生の時に完治してそれ以後今まで出たことがありません)
苦しい思いをしていたのは覚えています。
ぜんそくの発作が治ると、次は身体中がかゆくなる。
交互に嫌な苦しみが襲ってきていた子供時代なので、
あまり思い出したくありません。

今のようにこれだけたくさんのものが
アレルギーの原因になる研究もまだ発表されていない段階でした。

幼児期に多い アレルギーの併発

幼児期には特にアレルギーの併発や合併が多いようです。
私自身はアトピー性皮膚炎と気管支喘息を併発していましたが、
息子も娘も喘息の症状はなく、
アトピー性皮膚炎だけです。

喘息で咳をしたりする時に、
ダニやハウスダストを吸い込んでしまうのが
一つの原因とされているようですが例外も多いと思います。

これはまだまだこれから調べて見たいと思います。

 

アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

 

食べ物とアトピーの関係も重大です。
食べるものによりアレルギーが反応し

肌がかゆくなり、蕁麻疹が起こります。

食物アレルギーを発症する人は年々増えていると言います。

アトピー性皮膚炎がある場合には、
多くのケースで食物アレルギーを併発しているようです。

私も食べものによりアレルギーが悪化します。
血液検査の数値に出ないものでもアレルギー反応を起こします。

アレルギー体質の人は、様々なことに気をつけて生活しなければならないのです。

 

アレルギーは人それぞれ症状は違うもの

アレルギーもアトピー性皮膚炎も
今まで何年も色々と情報収集して、試してみました。

まだ洗濯石鹸は試行錯誤しながら、
今までにたくさんの種類のものを使いました。
整理しながら、使ったよかったものはお知らせしていきたいと思います。

アトピー性皮膚炎は気持ちが滅入ります。
息子と娘が、季節によりひどく出てしまうことがあるので、
何としても改善し、笑顔で毎日が過ごせるように
ママとしては引き続き頑張りたいです。

使ってみて症状が改善された、洗剤やシャンプー、食べ物、
衣類など、少しずつ紹介していきたいと思います。

 

Thank you so much for visiting and reading my blog!!!
See you soon!!!

最新情報をチェックしよう!