ママを楽しむ 子どもと笑う やさしく おいしい あたたかい 毎日を

🍁アトピー性皮膚炎〜春夏秋冬…
季節ごとの症状について〜パート2❄️

こんにちは、大学受験と中学受験のダブル受験を終えた2人のママです。

まだまだ、WordPress わからないことが多くて
公開した記事を見ると、
書いたものと違います。文字の大きさもきちんと揃えても
公開された記事は、フォントも大きさもまちまちでバラバラに…

先輩ブロガーさんが言うように、
あまり細かいことは気にせずに、
⭐️書くこと ⭐️伝えること ⭐️継続すること
心がけていきたいと思います。

 

秋と冬のアトピー性皮膚炎について

秋のアレルギー、寒暖差と花粉に注意!

秋のアレルギー
夏からの暑さが続いて9月が終わるまでは
ほぼ夏と同じく日差しと汗で肌のかゆみがひどくなります。

 

最近は残暑が厳しく
秋…を感じずに急に冬になるような気がします。
寒暖差も大きくなり、
じとじと汗をかいて、かゆかったのが
寒さと乾燥でかさかさのかゆみへと変わります。

秋は
アトピー性皮膚炎が落ち着く季節でもあると思います。
人それぞれだと思いますので、
あくまで私個人の見解です。
息子も娘も冬の乾燥する前の秋時期が、
一番落ち着いているように感じます。

子供達のアトピーが落ち着くことが唯一の願いです。
子供のアトピーについては、幼少期からのこと色々あり
少しずつ今まで実践してきたことを紹介していきます。

 

秋にも花粉症があります

 

 

一般的に知られている、反応が強いのが春の花粉症に思えますが、
秋にも花粉症があります。
春の花粉症はスギとヒノキ花粉が強いのですが、

秋はブタクサやヨモギの花粉が多く飛びます。
ブタクサ
アレルギーと気管支喘息も悪化させると言われています。
実際、私が小さい頃は秋に良く喘息の発作がでていたように感じます。
は、残暑で気温が高いと思っていたら、
初冬のように、朝晩急に寒くなったりと寒暖差があるので、
アトピー性皮膚炎に影響がでます。
一般的にアトピー性皮膚炎は肌の水分が少なく
皮脂も少なく、バリア機能が弱いので
寒さ暑さの調節がうまくいかないものです。
結果、かゆみと湿疹がでます。

冬は、乾燥と暖房でカサカサになる

冬は、本当に乾燥に悩まされます。
とにかく肌がカッサカサになります。
カサカサすぎて切れます。粉吹いたように白くなります。

 

乾燥でかゆみが倍増!

そして更に、暖房による
モワッとした変な暑さと、
パリパリになるような乾燥した空気に反応してしまいます。
外は寒くて乾燥、室内はモワモワと暑くて乾燥、
顔が全く水分なく、干からびてしまいそうな感覚です。
こうなると保湿をいくらしても、皮膚に入ってくれません。

 

私は耳がとてもかゆくなります。
耳の周りも乾燥し、耳の裏もガサガサになり、
耳たぶが切れることもあります(痛い!)

さらに耳の中もかゆいです。
細い赤ちゃん用の綿棒を使って、耳の中に薬を塗ります。

 

冬にアトピーが悪化することが多い

これは、もちろん乾燥と寒暖差によるものだと実感しています。

冬は顔、手足以外、洋服で覆われていますよね。
洋服と皮膚が密着していたり、
乾燥している皮膚と洋服がすれることで、
かゆみが強く出ます。

冬の乾燥時期は特に衣類に気をつけます。
私の場合、皮膚に密着する洋服は苦手です。
素材も綿100%でないと、すぐにかゆくなります。
衣類の素材と皮膚のかゆみの関係については、また詳しく書きます。

 

冬はとにかく保湿、あたためすぎないように。

特にお風呂から出たあとは、とにかくかゆいのです。
温まりすぎると、かゆくなります。
お風呂から出たらすぐに保湿薬を塗って、
かいてしまったところは、薬を塗って包帯を巻いておきます。
私が使っている保湿剤は、ヒルドイドです。
クリームの方がベットリしているので保湿されますが
衣類にベットリついてしまうので、クリームがついても大丈夫なインナーを着ています。
まだ合う薬を試行錯誤して、医師と相談しています。

 

 

結局は、冬が一番アトピー性皮膚炎が悪くなる?

私の場合ですが、一般的に言われているように、
冬にアトピーが悪くなるように感じます。

乾燥がひどくなり、かいてしまうと乾燥している皮膚がポロポロするので、
余計に冬場がひどくなると思ってしまうのかもしれません。

かゆみは我慢できないです。
ダメだとわかっていても、かいてしまいます。
こんなところまで届くのかと自分で思うくらい。

かゆみが無ければ、かかない、結果、皮膚が綺麗になる。

薬も飲んでいますが、完全にかゆみが治るアレルギーの薬に出会えていません。
塗り薬もステロイドを塗るだけではなく、
かゆみをきちんと抑え、炎症を抑え、 皮膚を良い状態にしてくれる、
そんな薬が早く認可されないかと心待ちにします。

これは私より、
未来ある息子と娘がアトピー性皮膚炎が完治してほしいと思っているからです。

まだまだ良くなるためにいろいろ試行錯誤中です。
それでは今日はこのへんで。

 

Thank you so much for visiting and reading mu blog.
Don’t forget to smile!  See you next time.

 

最新情報をチェックしよう!